名前から自分の性格を診断するのを支援する占いインフォメーションサイト

>
この記事をシェアする

姓名判断でわかる自分の性格

姓名判断からわかる性格

姓名判断のルールに則り姓から天格、姓名から人格、名前から地格、姓名から外格、姓名の総数、全てを足した総格からわかることが、姓名判断による性格診断で、重要となってくることは、明白でしょう。

まず天格からは、先祖から受け継いだものがわかるとされます。
人格からであれば個々人の本質的な性質、地格なら性格や内面を踏まえた、長所や短所、外格からだと第三者に与える印象がわかります。
そして総格から、天格・人格・地格・外格を包括した、総合的なことがわかるのです。

つまり、姓名判断によって性格を診断する際には、総格から全体像を掴み、それぞれの格毎にわかる性格への影響から、細部を判断していくことになるのではないでしょうか。

姓名判断で性格を知るために重要な格

姓名判断において必須となる天格・人格・地格・外格と総格は、当然姓名判断による性格診断にも必要となります。
一方で全ての格が、性格の診断に関わるわけではありません。
性格の診断に重点を置いた場合、格の重要性に違いが生じることは、避けられないでしょう。

具体的に、姓名判断で用いられる格のうちどの格が、性格診断において優先度が高いのかと言えば、人格と地格、総格の三つと言えます。

なぜ、姓名判断による性格診断において、人格と地格、総格の三つが重要性が高いのかと言えば、人格から本質的な性質、つまり性格の骨子が、地格からはストレートに性格や内面が、総格によって性格の全体像が掴めるからです。
この三点でおおよその性格を診断し、それ以外の格で細かい部分を見ていきます。


Copyright © 名前から分かる自分が持つさまざまな性格. All Rights Reserved.

TOPへ戻る