名前から自分の性格を診断するのを支援する占いインフォメーションサイト

>
この記事をシェアする

日本と外国との占いへの認識の相違

名前の画数から性格がわかる姓名判断

科学的なエビデンスを度外視した場合、名前から自分の持つ性格を知る方法として、占いが挙げられます。
占いの中でも、名字である姓と名である名を利用した姓名判断が、日本における名前を使った占いの基本です。
日本国内にある名前を使った占いの多くは、姓名判断か、姓名判断をベースに何らかの要素をプラスしたものでしょう。

姓名判断における占いの方法は、氏名を姓と名をそれぞれに分け、姓に使われる文字と名に使われる文字を分割します。
各文字の画数を出し、姓の画数の総計なら天格、姓の末尾と名の一文字目の画数の総計が人格、名の画数の総計は地格、姓の一文字目と名の末尾の総計であれば外格といった格を算出し使用します。

これら天格・人格・地格・外格に加え、姓名全ての画数を合計した総格によって、姓名判断が行われるのがセオリーであり、姓名判断による性格診断が可能です。

生年月日と名前から性格がわかる数秘術

姓名判断と同様に科学的エビデンスがあるわけではないものの、自分の持つ性格を知る方法の一つである占いの中には、アプローチが異なる性格診断を行う、数秘術と呼ばれる占いがあります。

数秘術において、どのように占いが行われるのでしょうか。
生年月日を数字ごとに区切って合計した数字を分解し、一桁になるまで繰り返した数字であるライフパス、氏名をローマ字に変換しローマ字を対応する、1から9までの数字に変え合計した数字を分解、一桁になるまで繰り返して算出するデスティニーナンバーが、使用されるでしょう。

加えてデスティニーナンバーと同様の手順で、母音のアルファベットだけを数字化すればソウルナンバー、子音のアルファベットからはパーソナリティーナンバーが算出可能です。

なお、合計した際11・22・33が出た場合、その数字がナンバーとなることは共通していますので、ご承知おきください。


Copyright © 名前から分かる自分が持つさまざまな性格. All Rights Reserved.

TOPへ戻る